カテゴリー別アーカイブ: 展覧会

【ギャラリー・マルヒ企画展】 銀窯 鈴木厚個展「ただならぬ器 Ⅱ」

いよいよ、来週末より開催します!
【ギャラリー・マルヒ企画展】

銀窯 鈴木厚個展「ただならぬ器 Ⅱ」
2019年7月27日(土)ー8月4日(日)
12:00-19:00 
※最終日17:00まで
休廊日:29日(月)30日(火)

彫刻出身の陶芸家、鈴木厚の二回目の個展。
青白磁、伊羅保釉の土もの、白磁にカラーのイッチンの小品群や、
上絵の大皿、染付とイングレーズ、人物像の小品、突起の多い作品など、
バラエティに富んだラインナップとなっています。

 

『酒注ぎ』磁気 W175×D12.5×H9.0cm

 

【ギャラリー・マルヒ企画展】
銀窯 鈴木厚個展「ただならぬ器 Ⅱ」
2019年7月27日(土)ー8月4日(日)
12:00-19:00 
※最終日17:00まで
休廊日:29日(月)30日(火)

【お問い合わせ】
03-5832-9911(12:00〜20:00/月・火を除く)
Mail MARUHI@konoike.org

 


【ギャラリー・マルヒ企画展】ー猫質店ー

「猫質店」
4/27(土)ー 5/6(月)
12:00-19:00 最終日:17:00まで
入場無料

ギャラリーマルヒは、今から約100年前の大正6年に
建てられた民家をリノベーションしたギャラリーです。
今展では「猫」をテーマとした作品が、
質流れ品の体(てい)で陳列されています。
10人の作家による猫たちを、お楽しみください。

参加アーティスト(五十音順)
・相澤 亮(漫画家)
・與 奏一(造形作家)
・重野克明(版画家)
・瀬戸 優(彫刻家)
・高嶋英男(美術家)
・中村弘峰(人形作家)
・花井健太(陶芸作家)
・翠川祥子(ろうけつ染め作家)
・安田ジョージ(造形作家) 
・雷康寧(美術家)


・相澤 亮(漫画家)

・與 奏一(造形作家)

 

・重野克明(版画家)

・瀬戸 優(彫刻家)

・高嶋英男(美術家)

 

・中村弘峰(人形作家)

・花井健太(陶芸作家)

 

・翠川祥子(ろうけつ染め作家)

・安田ジョージ(造形作家) 

 

・雷康寧(美術家)

 

「猫質店」
4/27(土)ー 5/6(月)
12:00-19:00 最終日:17:00まで
入場無料

【お問い合わせ】
03-5832-9911(12:00〜20:00)
Mail MARUHI@konoike.org

 


「猫質店」出展作品をご紹介します。vol.2

「猫質店」
4/27(土)ー 5/6(月)
12:00-19:00 最終日:17:00まで
入場無料

・中村弘峰(Hiromine Nakamura・人形作家)
「居眠り招き猫 白黒」W80×D70×H120mm 陶器彩色
「香箱猫 白黒」W290×D150×H150 陶器彩色

1986年福岡生まれ 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業、同大学大学院修士課程修了。
人形作家の父中村信喬に師事、博多人形師の四代目として制作を始める。
第60回日本伝統工芸展 初入選新人賞をはじめ、第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ コンペティション部門 優秀賞受賞。
https://www.hiromine-nakamura.jp/

・花井健太(Kenta Hanai・陶芸作家)
「白化粧猫文器」
苔玄釉猫文器」径15〜25cm ※写真の作品

1985年生 千葉県出身   東京芸術大学美術学部彫刻科卒業、同大学大学院修士課程修了。
人間国宝・福島善三氏に師事後、独立。鳥取県にて花輪窯(花輪窯)開窯。
常に造形的な魅力を探りながら土と釉薬に向かう。第63.64回日本伝統工芸展 入選。
https://www.facebook.com/karinkiln/

・翠川祥子(Sachiko Midorikawa・ろうけつ染め作家)

1971年広島生まれ 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。
会津桐に手描きのろうけつ染めで文様を染め付けた桐下駄や桐箱を制作。
そのほか型染めを施した和紙作品なども手掛ける。
http://hare-ya.com/

・安田ジョージ (yasuda jouji 造形作家)
※写真は参考作品
1968年 熊本県生まれ 東京芸術大学美術学部油絵科卒業。
インスタレーションを主体とした作品を制作・発表後、近年は彫刻した木と布などを用いて動物などを中心とした立体作品を制作している。
https://www.yasudajouji.com/

・雷 康寧(Josephine H.N. Lui・美術家)
「ねこもち」38cm x 25cm x 20cm テラコッタ

「ねこだいふく」34cm x 23cm x 13cm テラコッタ香港生まれ 香港浸會大學視覺藝術院視覺藝術文學士卒業、東京芸術大学大学院彫刻専攻修了。現在東京で制作、活動。テラコッタの彫刻やインスタレーションを素材として人間の脆弱性を描き、アイデンティティと親密さを掘り下げ、自然との関係で人間の状態を描く。
2018年度アート・ミーツ・アーキテクチャー・コンペティション最優秀賞受賞。

以上、10人の作家さんのご紹介でした。
写真以外の作品や、小倉充子さんデザインのマルヒのオリジナル手ぬぐいの販売などをいたします。どうぞ、お楽しみに!

「猫質店」
4/27(土)ー 5/6(月)
12:00-19:00 最終日:17:00まで
入場無料

演劇、TVで見られるコメディのジャンルのひとつに「シチュエーション・コメディ」というものがあります。今展はギャラリー・マルヒが元質屋だったというシチュエーションを活かし舞台を質屋とし、作品は質流れの品の体(てい)で陳列される事となります。

参加アーティスト(五十音順)
・相澤 亮(漫画家)
・與 奏一(造形作家)
・重野克明(版画家)
・瀬戸 優(彫刻家)
・高嶋英男(美術家)
・中村弘峰(人形作家)
・花井健太(陶芸作家)
・翠川祥子(ろうけつ染め作家)
・安田ジョージ(造形作家)
・雷康寧(美術家)

【お問い合わせ】
03-5832-9911(12:00〜20:00)
Mail MARUHI@konoike.org

 


「猫質店」出展作品をご紹介します。vol.1

「猫質店」
4/27(土)ー 5/6(月)
12:00-19:00 最終日:17:00まで
入場無料


・相澤 亮(Makoto Aizawa・漫画家)
「アストロノーツ猫」全9ページ。
「アストロノーツ猫」全9ページ。1990年埼玉県出身 東京芸術大学大学院彫刻専攻修了。
東京芸術大学在籍時から彫刻と漫画の作品を制作してきたが、
大学院修了とともに漫画に専念し、以後漫画作品を発表している。
第6回「このマンガがすごい!大賞」最優秀賞 同時に単行本「雪ノ女」刊行。
第九回秀桜基金留学賞を受賞し、半年間フランスに滞在。
2019年フランスに於いて「雪ノ女」の翻訳版「Quand la neige m’appelle」発売。
https://twitter.com/Geizawa_sc

・與奏一(Souichi Atae・造形作家)
「盗み聞き」H320×W160×D180mm   材質 漆、麻布、木

1985年福岡生まれ 東京芸術大学美術学部工芸科卒業、同大学大学院漆芸専攻修了。
乾漆の技法を中心として武具や動植物をモチーフに作品制作をしている。

 

・重野克明 (SHIGENO KATSUAKI・版画家)
「水を飲む猫」
「手負いの猫」
1975年千葉県生まれ 東京芸術大学大学院版画専攻修了。
銅版画の未来を切り開くべく制作を続けるが水墨等によるペインティング、作陶による立体作品も手掛ける。これまで猫だけは描くまいと決めていたが近年猫を飼い始め、そのそのあまりの可愛さから猫も描くようになる。
https://www.facebook.com/katsuaki.shigeno

 

・瀬戸優(Yu Seto・彫刻家)
「猫のリュトン 」テラコッタ、彩色、玉眼
「Time traveler -Egypt-」テラコッタ、彩色、玉眼  ※写真の作品

1994年神奈川県生まれ 東京芸術大学大学院彫刻専攻在籍。
粘土を素焼きしたテラコッタに木造仏像彫刻技法である玉眼を組み合わせた動物彫刻を制作する。生命感を最大限に引き出すための造形を模索。展覧会多数。
https://twitter.com/Hugu1222Y

高嶋英男(Hideo Takashima・美術家)
 ※写真は参考作品
1981年東京生まれ 東京芸術大学大学院彫刻専攻修了。
花瓶の口の空洞部分を顔に置き換えた人型の陶器、鰹節を使った彫刻作品など、日常の周辺にあるイメージを拡大、反転させながら作品化している。
2011「第14回 岡本太郎現代芸術大賞展」川崎市岡本太郎美術館、2015「空壷の人」 ギャラリーマルヒ/東京、2019「ONE ART Taipei」台北西華飯店/台湾。
https://www.hideotakashima.com/

出展作品のご紹介は、vol.2へ続きます!

「猫質店」
4/27(土)ー 5/6(月)
12:00-19:00 最終日:17:00まで
入場無料

演劇、TVで見られるコメディのジャンルのひとつに「シチュエーション・コメディ」というものがあります。今展はギャラリー・マルヒが元質屋だったというシチュエーションを活かし舞台を質屋とし、作品は質流れの品の体(てい)で陳列される事となります。

参加アーティスト(五十音順)
・相澤 亮(漫画家)
・與 奏一(造形作家)
・重野克明(版画家)
・瀬戸 優(彫刻家)
・高嶋英男(美術家)
・中村弘峰(人形作家)
・花井健太(陶芸作家)
・翠川祥子(ろうけつ染め作家)
・安田ジョージ(造形作家)
・雷康寧(美術家)

【お問い合わせ】
03-5832-9911(12:00〜20:00)
Mail MARUHI@konoike.org

 


ギャラリー・マルヒ企画展【猫質店】

【ギャラリー・マルヒ企画展】
「猫質店」
2019年4月27日(土)ー 5月6日(月)
12:00-19:00 最終日:17:00まで
入場無料

 

今展はギャラリー・マルヒの建物が元質屋だったというシチュエーションを活かし会場を質屋に見立て、作品は「質草」の体(てい)で陳列されます。お客様は「質流れ品」として、作品を購入することが出来ます。

【参加アーティスト】(アイウエオ順)
・相澤 亮(漫画家)
・與 奏一(造形作家)
・重野克明(版画家)
・瀬戸 優(彫刻家)
・高嶋英男(美術家)
・中村弘峰(人形作家)
・花井健太(陶芸作家)
・翠川祥子(ろうけつ染め作家)
・安田ジョージ(造形作家)
・雷康寧(美術家)

主催・企画 ギャラリー・マルヒ
【お問い合わせ】
03-5832-9911(12:00〜20:00)
Mail MARUHI@konoike.org

 


【ギャラリー・マルヒ企画展】 安田ジョージ個展「sumicaー棲み処ー」

【ギャラリー・マルヒ企画展】
安田ジョージ個展「sumicaー棲み処ー」
12月15日(土)ー 24日(月・休日) 
PM12:00-PM 7:00  ※最終日PM5:00
休廊:17日(月)

木と布で作られた動物を制作する、
安田ジョージさんの個展です。
タイトルの棲み処(すみか)を
イメージして、作品を展示しました。

ネコ、コウモリ、タヌキ、イノシシなど
動物たちの表情や風合いをお楽しみください。
安田さんは、週末に在廊しています。
皆様のお越しをお待ちしております。

安田ジョージ
ホームページ
Facebook

作品は全て受注をお受けいたします。
ご希望の際はお声をおかけください。

企画・主催
ギャラリー・マルヒ

お問い合わせ
maruhi@konoike.org
03-5832-9911


開催しました。「日常のTARO」伊藤仁一・岡本太郎コレクション展

【ギャラリーマルヒ・企画展】
本日から始まりました!
「日常のTARO」伊藤仁一・岡本太郎コレクション展

少し、展示内容のご紹介をさせていただきます。
入り口は、様々な太陽の塔の展示

 

森永のお菓子のポスター、微笑むのは女優の松島トモ子さん、
岡本太郎作品 「瞬間」を缶の蓋にプリントした「プラネットチョコレート」

 

貴重な「緑の太陽」の下書きとグラスのセット。
伊藤仁一さんコレクションでしか見ることのできない展示です。

その他、日常品の様々なTAROグッズを、ご覧いただけます。
休日、祝日はコレクターの伊藤仁一さんが在廊しています。
是非、お越しください。お待ちしております!

「日常のTARO」伊藤仁一・岡本太郎コレクション展
2018年4月27日(金)-5月6日(日)
AM11:00-PM7:00 (最終日はPM5:00)
休廊日:5月1日(月)
入場料:200円

一部、TAROグッズの販売もしています。
点数に限りがございますので、お早めにどうぞ!

お問い合わせ
メール:maruhi@konoike.org
電話:03-5832-9911

 


お客様企画展「WA CHIC-和紙ック-展」

【お客様企画展】
「WA CHIC-和紙ック-展」

【開催日時】
日程:2018年3月9日(金)〜11日(日)
時間:11:00〜19:00(最終日は16:00まで)
会場:根津ギャラリー・マルヒ(東京都文京区根津2-33-1)
料金:無料

【展示会紹介】
「1500年の歴史をもつ「越前和紙」と現代技術の「LED」が融合した、新感覚のデザインライトフレーム「和紙ック-WA CHIC-」を使用した作品展を開催します。
和紙に印刷した写真・書・イラスト・アニメアート・ロゴデザインなどの作品を、額装の手漉き和紙と共に、LED照明を内蔵した背面から幻想的に照らします。
更に「和紙ック-WA CHIC-」は背面部から簡単に作品の入れ替えが出来るのも大きな特徴です。
今回、6名のアーティストをお招きし、期間中作品を入れ替えながら開催します。
斬新な和の表現によって拡がった新しいアートの輪を、是非ご覧ください。」
和シックさんのHPより

【参加アーティスト(敬称略)】
和嶋歩(写真家)/若月新一(富士山写真家)/坂田洋子(デザイナー)/茂木千鶴香(墨アーティスト)/田中恒平(書家)/牧山祐一(楽がき詩人)

 

お問合せ有限会社ハートブレーン



「藝大×EXPO展」EXPO #5

芸工展参加企画
「藝大×EXPO展」開催中です。
EXPOには15名の作家の作品が展示されています。

アラノヒトミさんの作品は、ポップでキッチュ!タイトルも可愛いです。「ププッ!キュ〜!」

s_e_a

アラノヒトミ  Hitomi Arano
1972年生まれ
1997  東京藝術大学油画専攻卒業
1999  同大学院油画専攻修了

2003年より東京 江東区にて画塾  深川美術を運営。
「創る」「描く」を通じて 幅広い年齢層への美術教育を行う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大関さんの作品、まるいカラフルで物語のような絵に惹かれます。
コメントの詩もステキです。
上の方にあるので、もう少し近くで見たいと思いました。

s_e_o

大関千里 Chisato Ozeki
1976年生まれ
2001  東京藝術大学美術学部油画専攻卒業
2003  同大学院美術研究科絵画専攻修士課程修了

Rond Rond(ロンロン)♪ まるい まるい
窓のむこうにしあわせを願いながら生きる
ガラクタたち(≒わたし?)がこっそり 奏でる
出鱈目とほんとうの 灰色の 輪舞曲(ロンド)♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
坂下さんの彫刻作品は、アンティークレースが良く似合っていて、他の作品も
「驚異の部屋」感があります。

s_e_sk

坂下彰 Sakashita Akira
1991年生まれ
現在 東京藝術大学美術学部彫刻科3年在学中

制作行為自体に意味や制約を持たせながら形をつくることをしている。
「距離感」や「距離」ということを軸にしていくことが多い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

芸工展参加企画
【藝大×EXPO展】
2016年10月8日(土)-23日(日)
12時-20時/入場無料
休廊日:17日(月曜日)
第一会場:アンティークショップ・エキスポ 台東区池之端4-26-30
第二会場:ギャラリー・マルヒ 文京区根津2-33-1
お問合せ:03-5832-9911
※作品は一部を除き販売しています。

ブログ担当:tam


「藝大×EXPO展」EXPO #4

芸工展参加企画
「藝大×EXPO展」開催中です。
EXPOには15名の作家の作品が展示されています。

市川友章さんの作品、木彫で作られた怪人です。色もとても綺麗です。
最新作のライダースを着た「さよならロック少年」モデルは誰でしょう。

s_e_ic s_e_ic2

市川 友章 Tomoaki Ichikawa
1977年生まれ
2002  東京藝術大学絵画科油画専攻卒業
2004  同大学院油画技法材料研究室修了

’11年より展開している「怪人シリーズ」の新、旧作品を展示します。新作は70年代に活躍した日本のロックバンドをモチーフにしたものです。自分の青春に「さようなら」をする。そんな個人的な感情も入っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
石下雅斗さんの作品「いとまごい」。EXPOに売っていた般若の面から制作した作品です。
踏み台の下から怖い視線を感じます。
s_e_is

石下 雅斗 Masato Ishige
1990年生まれ
2011 専門学校東京ビジュアルアーツメイク学科特殊メイク専攻 卒業
現在 東京藝術大学美術学部彫刻科3年在学中

現在は塑像を中心に特殊造型素材や技法を生かした制作活動をしています。人や物の意思を立体表現し、あなたの世界にお邪魔します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シャングリラセーコーさん、「泥めんこ」をテーマとした遊びのある作品となっています。
サイズ感も可愛い感じがしました。
「泥めんこ」の資料が作家ファイルと共にあります。ご興味のある方、是非ご覧ください。
s_e_sss s_e_ss

シャングリラセーコー  Shangri la Seiko
1988年生まれ
2013   東京藝術大学絵画科油画専攻卒業

絵画を通して「遊び」をテーマに制作。今回は父が集めている江戸時代からあった「泥めんこ」というおもちゃを幼少時に畑の中から探して見つけた体験をもとに展示をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

芸工展参加企画
【藝大×EXPO展】
2016年10月8日(土)-23日(日)
12時-20時/入場無料
休廊日:17日(月曜日)
第一会場:アンティークショップ・エキスポ 台東区池之端4-26-30
第二会場:ギャラリー・マルヒ 文京区根津2-33-1
お問合せ:03-5832-9911
※作品は一部を除き販売しています。

ブログ担当:tam