予定カレンダー


11月
11
【お客様企画展】DO NOT DO
11月 11 @ 11:00 AM – 11月 17 @ 6:00 PM

【お客様企画・展示会】
DO NOT DO
2019年11月11日(月)ー 17日(日)
11:00-19:00 (Last day -18:00)
※Guest only

 

【お問い合わせ】
Instagram: by_donotdo

11月
23
【ギャラリー・マルヒ企画展】えと展−子−NEZUMI
11月 23 @ 12:00 PM – 12月 1 @ 5:00 PM

【ギャラリー・マルヒ企画展】

えと展−子−NEZUMI
2019年11月23日(土)ー12月1日(日)
12:00-19:00 ※最終日 17:00まで
休廊日:25日(月)
入場無料

・出品作家
與泰一(乾漆)
安藤亮(彫刻)
越智健仁(細密画)
重野克明(水墨画)
瀬戸優(彫刻)
長嶋祐成(水彩画)
中村弘峰(人形)
花井健太(陶芸)
雷康寧(彫刻)

アートシーンの各分野で活躍中の作家9名が、十二支のトップバッター「子」(ねずみ)をテーマに新作で挑みます。

【お問い合わせ】
03-5832-9911(12:00〜20:00/月・火を除く)
Mail MARUHI@konoike.org
HP http://konoike.org/maruhi/


12月
7
【ギャラリー・マルヒ企画展】岩田駿一 個展「お正月だよ!岩田駿一 2020」
12月 7 @ 12:00 PM – 12月 15 @ 5:00 PM

【ギャラリー・マルヒ企画展】

岩田駿一 個展「お正月だよ!岩田駿一 2020」

2019年12月7日(土)ー15日(日)
12〜19時 ※最終日17時まで
休廊日:12月9日(月)
入場無料

来たる2020年の新年に向けてフェルトや塑像、水彩、版画など多様な表現技法で制作された押絵羽子板、熊手、かるた、双六、トレーナー等を展示します。

【お問い合わせ】
企画主催/ギャラリー・マルヒ
03-5832-9911(12:00〜20:00/月曜日を除く)
Mail MARUHI@konoike.org
HP http://konoike.org/maruhi/


12月
21
【ギャラリー・マルヒ企画展】 安田ジョージ個展 「Good Neighbours」
12月 21 @ 12:00 PM – 12月 28 @ 6:00 PM

【ギャラリー・マルヒ企画展】
安田ジョージ個展
「Good Neighbours」(グッドネイバーズ)

期間:2019年12月21日(土)ー28日(土)
時間:12〜19時 ※最終日18時まで
休廊:12月23日(月)
入場無料

木と布で作られた、ウサギ、フクロウ、ネコ、ウシ、カラスなど、身近な動物たちの作品展です。大小さまざまな約20点を展示します。

【お問い合わせ】
企画主催/ギャラリー・マルヒ
03-5832-9911(12:00〜20:00/月曜日を除く)
Mail MARUHI@konoike.org
HP http://konoike.org/maruhi/

 


1月
13
【お客様企画展】
1月 13 @ 11:00 AM – 7:00 PM

「西川靖子遺作展」
どなた様でもご覧いただけますので、
お立ち寄りください。

開催日時:1月13日(月・祝日)12〜18時


1月
22
【お客様企画展】Lost in the house
1月 22 @ 1:00 PM – 1月 23 @ 6:00 PM

Lost in the house
東京藝術大学 デザイン専攻
第10研究室Design Critical 制作展

開催日時 
1月22日(水)13−18時 / 23日(木)11−18時

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本展は東京藝術大学美術研究科デザイン専攻第10研究室の
大学院1年生4名と交換留学生による展覧会です。

「このギャラリーを舞台にしたSFのストーリーを考えて、それに基づく作品を制作すること」。これが課題です。課題の目的はナラティブ(物語性)ということを考えること。
場所の文脈を読みとりサイトスペシフィックな作品をつくること。
藝大生というのはなかなか言うことを聞いてくれません。
SFのストーリーを考えて作品をつくりなさいと言っているのに、
「作品つくってから後からストーリーを考えていいですか」と言ってきて、
自分のやりたいことを押し通すという学生もいます。
それでもどこかにナラティブやサイトスペシフィックの意義を体に染みつけるようにして覚えてもらいたいなというのがあります。
意味の創造ができないとデザイナーは下働きの装飾屋になってしまいます。
この古民家のなかでさまよいながら「ある条件の下に自分なりの問いを立てること」の大切を経験してもらいたいと考えています
(藤崎圭一郎・東京藝術大学教授)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今展に関してのお問い合わせ先】
tadahiromi344@gmail.com 

 

 


2月
14
【お客様・貸切イベント】
2月 14 @ 11:00 AM – 2月 16 @ 7:00 PM

開催日:2月14日(金)ー16日(日)


2月
19
【撮影・終日貸切】
2月 19 @ 11:00 AM – 7:00 PM

2月
22
【お客様企画展】東京藝術大学 COI「GREY ROOM」プロジェクト「GREY ROOM」
2月 22 @ 11:00 AM – 3月 1 @ 5:00 PM

東京藝術大学 COI「GREY ROOM」プロジェクト

企画展「GREY ROOM」

会場:根津ギャラリーマルヒ(〒113-0031 東京都文京区根津 2-33-1)

期間:2020年 2月 22日(土)~ 3月 1日(日)/11:00 ~ 17:00 /入場無料 

 
 
 

このたび、東京藝術大学 COI「 GREY ROOM 」プロジェクトでは、
2020 年 2 月 22 日(土)より、 根津のギャラリーマルヒで企画展を開催いたします。

本展「GREY ROOM」は、光量をおさえた日本家屋の空間を舞台に、映像作品、ダンス、インスタレーショ ン、あるいは過去の映像技術や投影装置、光源の再解釈によって、日常とは異なったイメージと知覚の 可能性を探求する試みです。「陰影礼讃」と「虚実皮膜論」を手がかりに、日本家屋を陰翳の階調を生み出すテクノロジーの集積ととらえ、光と影が不透明に混ざりあう境界、虚実の皮膜にあらわれては消 える知覚経験の揺らぎを対象化します。

近年の急激なメディア技術の変化は、それまでの事実性や現実感をゆるがし、情動や知覚の変容をもた らしたと論じられてきました。本展では明瞭な光の空間(ホワイトキューブ)でも、明確な像を描くた めの装置(カメラオブスキュラ)でもなく、不透明な陰翳にみちた空間から、私たちの身体感覚と知覚 経験、虚と実、光と影、そしてアートとテクノロジーの階調を再考します。

 
お問い合わせ先 〉東京藝術大学 COI「GREY ROOM」プロジェクト:  contact@greyroom.info
 

7月
10
ギャラリーマルヒ企画展【 岩田駿一個展「夏を纏う。」】
7月 10 @ 12:00 PM – 7月 12 @ 7:00 PM

岩田駿一個展「夏を纏う。」
3日間限定開催!
期間:2020年7月10日(金)ー12日(日)
時間:12:00-19:00

『ラブストーリー、青春群像劇、ホラーサスペンスなど妄想のエピソードが刷られた一点物プリントTシャツ50点。夏を待とう!』

「お問い合わせ」
mail : MARUHI@KONOIKE.ORG
TEL : 03-5832-9911 ※月曜日除く 12〜19時

ご来廊いただく皆様へ≫
※ご来廊の際はマスクの着用をお願いします。
※コロナ禍による延期・中止の情報は、HPにてお知らせ致します。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。