予定カレンダー


4月
21
【箱ニハニハ・・・】越智健仁の細密画展
4月 21 @ 12:00 PM – 4月 27 @ 9:00 PM

ギャラリーマルヒ企画展

【箱ニハニハ・・・】越智健仁の細密画展
箱庭というミニマルなステージ上に、いきもの満載、越智ワールドが展開します!従来のペン画による細密画に加え、シルクスクリーンに彩色を施したミクストメディア作品も登場します。

開催日時:2017年4月21日(金)-27日(木)11時-19時
入場無料
オープニング・レセプション:4月22日(土)18時より
休館日:4月24日(月)
主催・企画:ギャラリーマルヒ
[お問合せ]
電話 03-5832-9911
メール maruhi@konoike.org

箱ニハニハ_DM


4月
29
【魚の肖像II 太陽の海の魚たち】魚譜画家 長嶋祐成 個展
4月 29 @ 11:00 AM – 5月 7 @ 7:00 PM

ギャラリーマルヒ企画展

【魚の肖像II ひかりの海の魚たち】 魚譜画家 長嶋祐成 個展

昨年4月に石垣島へと移り住んだ魚譜画家・長嶋祐成が、
南の海で出会った魚たちの表情を描きとどめました。

魚譜画家・長嶋祐成ウェブサイト

開催日時:2017年4月29日(土) – 5月7日(日) 11:00-19:00
入場無料
休館日:5月1日(月)
主催・企画:ギャラリーマルヒ
[お問合せ]
電話 03-5832-9911
メール maruhi@konoike.org

DM_design_omote_170404_OL


5月
20
トークイベント 『石膏デッサンの100年』
5月 20 @ 4:00 PM – 9:00 PM

ギャラリー・マルヒ トークイベント
【石膏デッサンの100年】
開催日:2017520日(土)
〈第一部〉開演:16:00  登壇者:荒木慎也・脇本壮二
〈第二部〉開演:19:00  登壇者:荒木慎也・筒井宏樹

アーティストやデザイナーを目指して美術系大学への進学を決めた時、あなたの目の前に最初に登場したのは、古代ギリシャやルネッサンスの石膏像ではなかったでしょうか?石膏像が日本にやってきて「美術を学ぶならまずは石膏デッサンから」と言われ始めて100年が経過しました。その後、「アカデミックな教育方法は時代遅れだ」「アーティストになるのに石膏デッサンは害悪」と批判されながらも、石膏デッサンはなぜか美術教育の基礎として継続されてきました。いったい石膏像とは何なのでしょうか?石膏デッサンはなぜ続けられてきたのでしょうか?一度は感じたことがあるはずの疑問を、『石膏デッサンの100年』の著者である荒木慎也と一緒に考えてみませんか。

第一部では、堀石膏制作の代表で『石膏像図鑑』の作者である脇本壮二をゲストに迎え、世界や日本の石膏像の謎を解き明かします。そして第二部では、鳥取大学芸術文化センター所属で美術批評家の筒井宏樹をゲストに迎え、美術教育と石膏デッサンの歴史、教育とアートの関係などを語ります。

定員各部:25
料金:各部 1,000円 当日現金払い
会場:ギャラリー・マルヒ

ご予約方法はこちらをご覧下さい。

tesut_2


6月
30
「陶」と「鋳」-銀窯、いもの道具みちくさ共同展―
6月 30 @ 11:00 AM – 7月 7 @ 8:00 PM

【ギャラリーマルヒ企画展】
「陶」と「鋳」(すえとい)-銀窯、いもの道具みちくさ共同展―
2017年6月30日(金)ー7月6日(木)
11:00−19:00

銀窯〈Ginyo〉=陶芸家=鈴木厚〈Atsushi Suzuki〉と、三枝一将〈kazumasa Saegusa〉 と巽水幸 〈Miyuki Tatsumi〉によるユニットの「いもの道具 みちくさ」の共同展。
銀窯=陶芸家 鈴木厚は、陶磁器を中心に制作。過激な表現があるものの、使いやすい生活食器の形状を信条としています。
いもの道具みちくさは、三枝一将と巽水幸によるユニット。鋳造により、花入れなどを暮らしの器を制作しています。
いずれの作品も、全てご購入いただけます。

DM_陶と鋳_-02 DM_陶と鋳_-01

 


7月
14
“BUILD” 中垣拓磨個展
7月 14 @ 11:00 AM – 7月 19 @ 7:00 PM

【ギャラリーマルヒ企画展】
“BUILD” 中垣拓磨個展 Takuma Nakagaki Exhibition
2017.7.14(金)-19(水)
11:00-19:00(最終日は17:00閉館)
入場無料

 造園業の家に育ち、専門の大学を卒業するも美術に転向、東京藝大油画に入学。
近年は生体建築と名付けたシリーズを制作、ドローイングのほか、自然採取した流木や、打ち捨てられた段ボール、時には廃業した銭湯のボイラー室の廃材をも用い、空想の建築マケットを築く。築31年、作家の初個展。

Print

 


10月
7
芸工展参加企画『路地裏動物園』安田ジョージ個展
10月 7 @ 11:00 AM – 10月 15 @ 7:00 PM

【ギャラリーマルヒ企画展】
第25回 芸工展2017参加企画
『路地裏動物園』安田ジョージ展

開催日時 
2017年10月7日(土)-15日(日)
11:00-19:00

安田ジョージは、身近に存在している動物たちのオブジェを
木や布などの自然素材を組み合わせて制作しています。

木彫で作られた頭と脚は自然採取した土などで彩色され、
松煙や柿渋などで染めた布、麻などの繊維で胴体が作られます。
このような古来より用いられてきた手法を使い作られた動物たちは、
和的で純朴な懐かしさを感じます。
また、同時にその一点の媚も無い表情、野趣にあふれた直観的な造形には、
もっとプリミティブな感覚、ラスコーやアルタミラ洞窟壁画を想起させる、
本質的な動物の姿を見ることも出来るでしょう。

安田ジョージ・ホームページ
https://www.yasudajouji.com/

表_路地裏動物園_DM


12月
9
「えと展-戌-」ZODIAC EXHIBITION
12月 9 @ 11:00 AM – 7:00 PM

【ギャラリーマルヒ企画展】

「えと展ー戌ー」ZODIAC EXHIBITION
2017年12月9日(土)-17日(日)
11:00-19:00(最終日 17:00まで)

休廊日:11日(月)

アートシーンの各分野で活躍中の作家9名が、来年の干支である「戌」をテーマに新作で挑みます。作品はすべて販売されます。この機会にひと味違った“アーティストメイドの干支もの”をコレクションしてみては如何でしょうか。
今展は毎年恒例の季節イベント「えと展」の初回となりますので、今後ともご期待戴ければ幸いです。

【出品作家】五十音順
大石 卓 (油画) http://www.takuoishi.com/
小倉充子(染物)http://www.ogurasensyokuzuankobo.jp/
越智健仁(細密画)https://www.facebook.com/takehito.ochi
高嶋英男(陶器)https://www.hideotakashima.com/
タカモリ・トモコ(あみぐるみ)http://amigurumi.net/
中村弘峰(人形)https://www.hiromine-nakamura.jp/
安田ジョージ(木彫)https://www.yasudajouji.com/works

【出品作家】 Gallery 花影抄〈ゲストギャラリー〉
 かわさきみなみ(羊毛・粘土立体)  https://kedarake.jimdo.com/
狛(根付作家)http://www.hanakagesho.com/

Print中村弘峰《ダルメシアンに青籠球》陶彫彩色

Special Thanks:Gallery 花影抄
主催:Gallery MARUHI

【お問合せ】
メール:maruhi@konoike.org
電話:03-5832-9911


1月
12
平野真美個展「蘇生するユニコーン -Revive a Unicorn- 」
1月 12 @ 11:00 AM – 1月 21 @ 7:00 PM

【ギャラリーマルヒ企画展】

平野真美個展 Mami Hirano Exhibition
「蘇生するユニコーン -Revive a Unicorn-」

2018年1月12日(金)-21日(日)
11:00-19:00
入場無料
休廊日:1月15日(月)
※最終日17:00まで

2017年4月に行われた「清流の国ぎふ芸術祭(岐阜県美術館)」での展示を経て、皮膚や 内臓などの大部分を解体再構築した「蘇生するユニコーン」を、その制作の元となった過去作「保存と再現」(死を 間近に控えた愛犬の身体を採寸し、骨格、筋肉、毛皮を制作、肺に空気を送り呼吸をさせた)と対面させる、作者初個展。

《イベント・インフォメーション》
●トークショー ‐ソラリスから帰っておりで‐
1 月13日(土)19:00- ※先着20名

●公開メンテナンス
作家が自らユニコーンの開腹手術を行い、内臓、器官の保守点検をします。

第1回目 1月14日(日)14:00-
第2回目 1月20日(土)14:00-

平野真美 ホームページ

1208-omote-outline

1208-ura-outline


4月
27
「日常のTARO」伊藤仁一・岡本太郎コレクション展
4月 27 @ 11:00 AM – 5月 6 @ 7:00 PM

【ギャラリーマルヒ企画展】

2018年4月27日(金)-5月6日(日)
AM11:00-PM7:00(最終日はPM5:00)
休廊日:5月1日(月)
入場料:200円

今展は2012年当ギャラリー企画展「TAROが町にやってくる!」以来5年ぶり、2回目となる伊藤仁一氏所有の岡本太郎グッズコレクション展となります。岡本太郎は多作な作家でしたが、加えて数多くのプロダクト品(ここでは工業生産品の意)を世に送り出しています。ネクタイ、着物、帯、アクセサリーなどの装身具、卓上ライター、時計、食器のような日用品、椅子、ソファなどの家具類、映画ポスターの題字、果ては企業の販促品などと、そのアイテムは多岐にわたっています。これらは“少数者の専有物としての芸術”を嫌った岡本太郎が創出した日常品のアートピースたちです。類まれなる伊藤仁一コレクションを通して『日常にあるTARO』を感じていただければ幸いです。
※当時物のグッズ販売があります。ご所望の方はお早めにどうぞ!

【お問合せ】
メール:maruhi@konoike.org
電話:03-5832-9911


6月
16
「魚の肖像Ⅲ 個と水平に向き合う」 魚譜画家 長嶋祐成 個展
6月 16 @ 11:00 AM – 6月 24 @ 7:00 PM

【ギャラリー・マルヒ企画展】

「魚の肖像Ⅲ 個と水平に向き合う」
 魚譜画家 長嶋祐成 個展

2018年6月16日(土)ー 6月24日(日)
午前11時ー午後7時
入場無料
休廊日:6月18日(月)

3回目となる長嶋祐生個展、今回のテーマは“個と水平に向き合う”。
 “日々魚との出会いを繰り返すうちに、生じた疑問。「自然」とは何だ?“
気付いたのは「魚」と「自分」をともに自然界の「いち個」として、水平に向き合うという事。
それによって持ち得た新しい視座。自然のなか、描き、描かれるという水平的な関係性。
意識の強度を増した作家の次章が始まります。 Gallery MARUHI

魚譜画家・長嶋祐成さんウェブサイト