予定カレンダー


10月
13
ギャラリーマルヒ企画展 藤田朋一個展「城の男」The Man in the Castle
10月 13 @ 11:00 AM – 10月 21 @ 7:00 PM

【ギャラリー・マルヒ企画展】
藤田朋一個展
「城の男」The Man in the Castle

会 期:2018年10月13日(土)~10月21日(日)
休廊日:10月15日(月)
時 間:12:00~19:00 ※最終日は17:00

家具職人を経てきた藤田の作品は、日本在来の工法“格子組”により、緻密な手作業で作られます。柱と梁の構造躯体のみで、壁を持たない神社仏閣様式の建築ユニットは、現代日本における神や仏の不在を暗示します。新作のモチーフとしたのは、小説、漫画、ゲームなどで、史実以上に語られることの多い戦国時代の武将「雑賀孫一」。城と合体し独自の世界を築きます。

藤田朋一さんの SNSです。
過去の作品など、ご覧いただけます。
ツイッター https://twitter.com/studiofacid
Facebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100003182161195
インスタ https://www.instagram.com/studiofacid/

【お問合せ】
メール maruhi@konoike.org
電話 0358329911


10月
24
お客様企画展・搬入日
10月 24 全日

【お客様企画展】
本日は、搬入準備のとなります。


11月
1
お客様企画展「折々のひろいもの」Ⅲ
11月 1 @ 11:00 AM – 11月 4 @ 4:00 PM

【お客様企画展】
「折々のひろいもの」Ⅲ
2018年11月1日(木)− 4日(日)
AM 11:00-PM 4:00


11月
10
「柿崎こうこ 好きなことします展 古い器と絵 一日だけの店」
11月 10 @ 11:00 AM – 7:00 PM

【お客様企画イベント】 

柿崎こうこ
好きなことします展
古い器と絵 一日だけの店
 
開催日時:11月10日(土)11時−19時
 
 

「古い器、金継ぎ、絵。
日常がちょっと楽しくなる感じをテーマに
私の好きなものを集めた一日だけの店を開きます。
日本の骨董や海外のヴィンテージ、私自身で金継ぎを
施した器など、気軽に普段使いできるものを揃えました。
絵は、古伊万里の器などに描かれる花や植物をモチーフに
描いた新作を展示します。
展示しているものは、一部の備品を除いてすべて
お買い求めいただけます。
ぜひ下町散歩方々お気軽にお立ち寄りください。」
text:「柿崎こうこ好きなことします展」より

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*詳細は下記からも発信しています。
 
○イラストレーターのInstagram
 
○器や古いもの、金継ぎのInstagram
 
○Facebook
 
○柿崎こうこの別冊ビューティーセブン
 
 
 
<お願い>
○当日はお電話への対応が難しいと思われますので、
  各種お問い合わせは上記連絡ツールをご利用くださいますよう、
  ご協力お願いいたします。
 
○お店の形にしておりますので、お祝いのお花や差し入れなどは
  お気持ちを頂戴し、遠慮させていただきます。
 
○ギャラリーの周辺は住宅街になっております。ご来場、
  お帰りの際はお静かにしてくださいますよう、ご協力お願いいたします。
 
○駐車場のご用意がありませんので、お近くにコインパーキングを
  ご利用願います。

11月
23
ギャラリー・マルヒ企画展【 KARIN ー花輪ー 】〜釉の景色、陶のかたち〜 花井健太 初個展
11月 23 @ 12:00 PM – 12月 2 @ 8:00 PM

ギャラリー・マルヒ企画展
【 KARIN ー花輪ー 】〜釉の景色、陶のかたち〜 花井健太 初個展

2018年11月23日(金)ー 12月2日(日)
12:00 p.m –  7:00 p.m
※12月2日(日)は最終日 6:00 p.mまで
休廊日 :11月26日(月)
入場無料

本展は東京藝大で彫刻を学び、人間国宝・福島善三氏に師事後、
独立、現在は陶芸家として活動する花井健太の初個展となります。
2017年 鳥取県鳥取市河原町で「花輪窯(かりんがま)」開窯。
かたちを創る者として、常に造形的な魅力を探りながら土と釉薬に向かいます。

花輪窯
Facebook
Instagram 

企画・主催
ギャラリー・マルヒ


12月
7
【ギャラリー・マルヒ企画展】 新創世記『1章:天地創造~2章:アダムとエヴァ』
12月 7 @ 12:00 PM – 12月 14 @ 5:00 AM

ギャラリー・マルヒ企画展「新・創世記」は、版画、塑像、木工、ペインティングなどバラエティーに富んだ6人のアーティストが、旧約聖書にある物語を、自由にリクリエイトする企画展です。

「旧約聖書」は世界三大宗教「キリスト教・イスラム教・ユダヤ教」がいずれもが聖典としている書物です。因みに参加アーティストはいずれの宗教にも属しておらず、規制を解かれた物語は、各々の独自の解釈により自由に解き放たれ、私たちに様々な新しいイメージを与えてくれるでしょう。

展示は3回に分け、各展で2人のアーティストが参加します。
その第1章のご案内です。どの回もお見過ごしなくご覧ください。

新創世記 Ⅰ『1章:天地創造~2章:アダムとエヴァ』
2018年12月7日(金)ー14日(金)
12:00 p.m –  7:00 p.m
※12月14日(金)は最終日 5:00 p.mまで
休廊日:12月10日(月)
入場無料

色川美江 Irokawa Mie 1990年生まれ
2018  東京藝術大学大学院修士課程版画専攻修了

村山七重 MurayamaNanae 1993年生まれ
2018年 女子美術大学大学院博士前期課程版画研究領域 修了

 

企画・主催
ギャラリー・マルヒ
Mail maruhi@konoike.org

 


12月
15
【ギャラリー・マルヒ企画展】安田ジョージ個展「sumica-棲み処-」
12月 15 @ 12:00 PM – 12月 24 @ 7:00 PM

【ギャラリー・マルヒ企画展】
安田ジョージ個展「SUMICAー棲み処ー」
12月15日(土)−24日(日)
12:00pm-7:00pm ※最終日 PM 5:00まで
休廊日:17日(月)

「今回は展示の一部屋を森のイメージに見立て制作をしました。
こどもの頃、防空壕の中で捕まえて遊んだコウモリ。
父親が狩りをして家の前で吊るされていた鹿や猪。
今、住んでいる家の隣にある森を棲処とするカモシカや熊。
私の森のイメージを、彫刻した木と染めた布の組み合わせで表現しました。
楽しんで頂けたら幸いです。」text:安田ジョージ

企画・主催
ギャラリーマルヒ

#安田ジョージ #ギャラリーマルヒ


1月
12
【ギャラリー・マルヒ企画展】 新創世記Ⅱ『4章:カインとアベル』
1月 12 @ 11:00 AM – 1月 20 @ 7:00 PM

「カインとアベル」トークショー
1月 12 @ 6:00 PM – 7:00 PM

新創世記Ⅱ『4章:カインとアベル』トークイベント
開催日時:1月12日(土)PM6:00〜 先着25名
重野克明 ・岩田俊一
司会:鴻池綱孝(マルヒ・オーナー)
会場:ギャラリーマルヒ

展示の経緯や、この展示の為に行われた
「カインとアベル合宿」の模様などを語ります。

【お問い合わせ】
電話  03-5832-9911(12:00〜20:00)
メール maruhi@konoike.org

 

 


1月
23
お客様企画展「膜」
1月 23 @ 1:00 PM – 1月 24 @ 6:00 PM

【お客様企画展】
「膜」
2019年
1月23日(水)13:00-18:00 ・24日(木)11:00-18:00
※各日程で開催時間が違います。ご注意ください。

作家名
・林佳奈
・長谷川桃
・山下絵理
・Christina Mifusd

本展は、「膜」をテーマにした藝大デザイン科藤崎研の大学院生の作品展です。藤崎研のゼミでは、10月から毎週ゼミでチリの生物学者のウンベルト・マトゥラーナとフランシスコ・バーレラが著した『知恵の樹』を読んでいます。この本からインスピレーションを受けて、学生たちが自由に「膜」を解釈し、それぞれの個人研究テーマに照らし合わせて制作したのが、ここにある作品です。皮膚という膜に包まれた袋につまった水のなかに浮かぶ脂肪たっぷりの脳みそがこんなことを考えています。膜という視点から世界を見ると、壁だらけの分断社会もなんだかちょっと違うものに見えるでしょう。(藤崎圭一郎 東京藝術大学デザイン科教授)