予定カレンダー


10月
13
ギャラリーマルヒ企画展 藤田朋一個展「城の男」The Man in the Castle
10月 13 @ 11:00 AM – 10月 21 @ 7:00 PM

【ギャラリー・マルヒ企画展】
藤田朋一個展
「城の男」The Man in the Castle

会 期:2018年10月13日(土)~10月21日(日)
休廊日:10月15日(月)
時 間:12:00~19:00 ※最終日は17:00

家具職人を経てきた藤田の作品は、日本在来の工法“格子組”により、緻密な手作業で作られます。柱と梁の構造躯体のみで、壁を持たない神社仏閣様式の建築ユニットは、現代日本における神や仏の不在を暗示します。新作のモチーフとしたのは、小説、漫画、ゲームなどで、史実以上に語られることの多い戦国時代の武将「雑賀孫一」。城と合体し独自の世界を築きます。

藤田朋一さんの SNSです。
過去の作品など、ご覧いただけます。
ツイッター https://twitter.com/studiofacid
Facebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100003182161195
インスタ https://www.instagram.com/studiofacid/

【お問合せ】
メール maruhi@konoike.org
電話 0358329911


10月
24
お客様企画展・搬入日
10月 24 全日

【お客様企画展】
本日は、搬入準備のとなります。


10月
25
「初屋のステキなキモノや帯展」
10月 25 @ 11:30 AM – 10月 28 @ 7:00 PM

【お客様企画展】

今年も開催されます!
「初屋のステキなキモノや帯展」
秋、冬の新入荷いろいろ揃います。

2018年10月25日(木)ー28日(日)
11:30−19:00
※最終日 28日(日)は17:00まで

初屋さんFacebook

 


11月
16
「キモノ里親さがし」
11月 16 @ 12:00 PM – 11月 18 @ 7:00 PM

【お客様企画展】

「キモノ里親さがし」
2018年11月16日(金)・17日(土)・18日(日)
12:00-19:00
▼ 出品内容
キモノ、帯、キモノ小物など。
※主に【女性】の着物です。
※ご覧いただけるアイテムの一部は、「キモノ里親さがし」のFacebookページやInstagramでご案内します。


11月
23
ギャラリー・マルヒ企画展【 KARIN ー花輪ー 】〜釉の景色、陶のかたち〜 花井健太 初個展
11月 23 @ 12:00 PM – 12月 2 @ 8:00 PM

ギャラリー・マルヒ企画展
【 KARIN ー花輪ー 】〜釉の景色、陶のかたち〜 花井健太 初個展

2018年11月23日(金)ー 12月2日(日)
12:00 p.m –  7:00 p.m
※12月2日(日)は最終日 6:00 p.mまで
休廊日 :11月26日(月)
入場無料

本展は東京藝大で彫刻を学び、人間国宝・福島善三氏に師事後、
独立、現在は陶芸家として活動する花井健太の初個展となります。
2017年 鳥取県鳥取市河原町で「花輪窯(かりんがま)」開窯。
かたちを創る者として、常に造形的な魅力を探りながら土と釉薬に向かいます。

花輪窯
Facebook
Instagram 

企画・主催
ギャラリー・マルヒ


12月
7
【ギャラリー・マルヒ企画展】 新創世記『1章:天地創造~2章:アダムとエヴァ』
12月 7 @ 12:00 PM – 12月 14 @ 5:00 AM

ギャラリー・マルヒ企画展「新・創世記」は、版画、塑像、木工、ペインティングなどバラエティーに富んだ6人のアーティストが、旧約聖書にある物語を、自由にリクリエイトする企画展です。

「旧約聖書」は世界三大宗教「キリスト教・イスラム教・ユダヤ教」がいずれもが聖典としている書物です。因みに参加アーティストはいずれの宗教にも属しておらず、規制を解かれた物語は、各々の独自の解釈により自由に解き放たれ、私たちに様々な新しいイメージを与えてくれるでしょう。

展示は3回に分け、各展で2人のアーティストが参加します。
その第1章のご案内です。どの回もお見過ごしなくご覧ください。

新創世記 Ⅰ『1章:天地創造~2章:アダムとエヴァ』
2018年12月7日(金)ー14日(金)
12:00 p.m –  7:00 p.m
※12月14日(金)は最終日 5:00 p.mまで
休廊日:12月10日(月)
入場無料

色川美江 Irokawa Mie 1990年生まれ
2018  東京藝術大学大学院修士課程版画専攻修了

村山七重 MurayamaNanae 1993年生まれ
2018年 女子美術大学大学院博士前期課程版画研究領域 修了

 

企画・主催
ギャラリー・マルヒ
Mail maruhi@konoike.org

 


12月
15
【ギャラリー・マルヒ企画展】安田ジョージ個展「sumica-棲み処-」
12月 15 @ 12:00 PM – 12月 24 @ 7:00 PM

【ギャラリー・マルヒ企画展】
安田ジョージ個展「SUMICAー棲み処ー」
12月15日(土)−24日(日)
12:00pm-7:00pm ※最終日 PM 5:00まで
休廊日:17日(月)

「今回は展示の一部屋を森のイメージに見立て制作をしました。
こどもの頃、防空壕の中で捕まえて遊んだコウモリ。
父親が狩りをして家の前で吊るされていた鹿や猪。
今、住んでいる家の隣にある森を棲処とするカモシカや熊。
私の森のイメージを、彫刻した木と染めた布の組み合わせで表現しました。
楽しんで頂けたら幸いです。」text:安田ジョージ

企画・主催
ギャラリーマルヒ

#安田ジョージ #ギャラリーマルヒ


1月
12
【ギャラリー・マルヒ企画展】 新創世記Ⅱ『4章:カインとアベル』
1月 12 @ 11:00 AM – 1月 20 @ 7:00 PM

2月
9
【ギャラリー・マルヒ】 新創世記Ⅲ「5章:ノアの方舟・11章:バベルの塔」
2月 9 @ 11:00 AM – 2月 17 @ 7:00 PM

【ギャラリー・マルヒ】
新創世記Ⅲ「5章:ノアの方舟・11章:バベルの塔」
2019年2月9日(土)ー 17日(日)
休廊:2月12日(火)
時間:PM 12:00- PM 7:00

中垣拓磨 Nakagaki Takuma 1986年生まれ
2016年東京藝術大学美術研究科絵画専攻終了

石下雅斗 Ishige Masato 1990年生まれ
東京芸術大学大学院修士課程彫刻専攻 在学中

 

「新創世記」第三弾は、誰もが知る『5章ノアの方舟』と『11章バベルの塔』です。
中垣拓磨は鉛筆ドローイングで「方舟」描き、それを基に木工で立体化します。
また、石下雅斗は人体と建築の一体化した「塔」を塑像で創り出します。


ギャラリー・マルヒ企画展「新創世記」は、版画、塑像、木工、ペインティングなどバラエティーに富んだ6人のアーティストが、旧約聖書にある物語を、自由にリクリエイトする企画展です。「旧約聖書」は世界三大宗教「キリスト教・イスラム教・ユダヤ教」がいずれもが聖典としている書物です。因みに参加アーティストはいずれの宗教にも属しておらず、規制を解かれた物語は、各々の独自の解釈により自由に解き放たれ、私たちに様々な新しいイメージを与えてくれるでしょう。展示は3回に分け開催されます。この回が最終章となります。どうぞ、お見逃しなく!

 

【お問い合わせ】
03-5832-9911(12:00〜20:00)
Mail maruhi@konoike.org

 

 


3月
16
【ギャラリーマルヒ企画展】「吊るされた肉」深澤雄太個展
3月 16 @ 12:00 PM – 3月 24 @ 5:00 PM

【ギャラリーマルヒ企画展】

「吊るされた肉」深澤雄太個展  
2019年3月16日(土)〜24日(日)
休廊:3月18日(月)
時間:am12:00-pm7:00
最終日:pm5:00
入場無料

深澤雄太は、今春、東京藝術大学 油画専攻を卒業した若い油絵画家です。
直情的な油絵の具の厚塗りを特徴とし、ありふれた日常の情景をひたむきに書き出します。
今展では、12点以上の作品を発表します。

【お問い合わせ】
03-5832-9911(12:00〜20:00)
Mail MARUHI@konoike.org

企画・主催 ギャラリー・マルヒ