未分類」カテゴリーアーカイブ

【根津ギャラリーマルヒ】書道アーティスト 中村ふく個展 「SHIFUKU TOKYO」【STUPID】

6月16日(日)まで開催している、
書道アーティスト 中村ふく個展
「SHIFUKU TOKYO」

「STUPIDE」という作品のご紹介です。


こちらの作品は漢字の「愚」を墨で、その下には胡粉で「STUPID」と書かれています。
「愚」という漢字は以前から書きたいと思っていましたが、マイナスなイメージがあるので、書くことに長く戸惑いがあったそうです。


しかし、昨年のフランス留学にて、フランスの詩人ポール・ヴァレリーの「恋愛とは二人で愚かになることだ」という言葉に出会い、純粋な「愚」の新たな解釈と出会い生まれた作品です。

書道では通常異なる文字を重ねませんが、あえて日本語とフランス語を重ねることで、アートと書道の新しい試みに挑戦しています。

「愚」という文字に込めた中村ふくさんの思いをご覧ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。


作品は販売しております。ご質問などございましたら、お気軽にお問ください。
※お問合せ先※
maruhi@konoike.org

書道アーティスト
中村ふく個展
「SHIFUKU TOKYO」

2024年6月8日(土)ー16日(日)
12:00-19:00/入場無料
休廊日:10日(月)

・中村ふくさん在廊日
個展期間中は全日予定しています。
14日(金)のみ16時までの在廊です。


・主催・企画
ギャラリーマルヒ
東京都文京区根津2−33−1
03-5832-9911

【根津ギャラリーマルヒ】書道アーティスト 中村ふく個展 「SHIFUKU TOKYO」【とんッ】

6月16日(日)まで開催している、
書道アーティスト 中村ふく個展
「SHIFUKU TOKYO」

プラチナ箔を使った珍しい書道アート作品をご紹介します。
作品名は「とんッ」

高貴で上品な輝きを放つプラチナ箔が、作品に特別な光彩を与えています。
筆遣いと、モダンなデザインを組み合わせた唯一無二の作品。

新たな素材と技法に挑戦したことで生まれた、奥深く美しい世界観を間近でご覧ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

作品は販売しております。ご質問などございましたら、お気軽にお問ください。
※お問合せ先※
maruhi@konoike.org

書道アーティスト
中村ふく個展
「SHIFUKU TOKYO」

2024年6月8日(土)ー16日(日)
12:00-19:00/入場無料
休廊日:10日(月)

・中村ふくさん在廊日
個展期間中は全日予定しています。
14日(金)のみ16時までの在廊です。


・主催・企画
ギャラリーマルヒ
東京都文京区根津2−33−1
03-5832-9911

【根津ギャラリーマルヒ】書道アーティスト 中村ふく個展 「SHIFUKU TOKYO」


書道アーティスト
中村ふく個展
「SHIFUKU TOKYO」

2024年6月8日(土)ー16日(日)
12:00-19:00 / 入場無料
休廊日:10日(月)
根津ギャラリーマルヒ
東京都文京区根津2−33−1


今展では、「SHIFUKU」をテーマに様々な言語と技法を用い、日本の伝統と現代の感性を融合させた書道アート作品を展示しています。


7枚のキャンパスを合わせ胡粉で「福」を書きプラチナで円を描いた作品「七福神
」。

ギャラリーの内蔵のスペースでは、今年の春、福岡の中村人形ギャラリー「傀藝堂(カイゲイドウ)」に展示された、書のドレス「ふくのふく」を展示しています。

書道=綺麗な字を思い浮かべますが、中村ふくさんの書道アートは、筆の線の美しさ、リズム、エネルギッシュ、楽しいを体感することができます。

是非、作品を間近でご覧いただき「至福」の時間をお過ごしください。
お待ちしております。

作品は販売しております。ご質問などございましたら、お気軽にお問ください。
※お問合せ先※
maruhi@konoike.org

書道アーティスト
中村ふく個展
「SHIFUKU TOKYO」

2024年6月8日(土)ー16日(日)
12:00-19:00/入場無料
休廊日:10日(月)

・中村ふくさん在廊日
個展期間中は全日予定しています。
14日(金)のみ16時までの在廊です。


・主催・企画
ギャラリーマルヒ
東京都文京区根津2−33−1
03-5832-9911

【ギャラリーマルヒ企画展】「昭和40年代 動物図鑑の原画展  絵・石田武雄 アジア・オセアニア編ほか」

今から60年前、1960年代に描かれた希少な
動物図鑑の原画展を開催しています。

【図鑑 世界の動物 アジア・オセアニア編】からは、
アジアのヒグマから、オセアニアのカンガルーまでの様々な動物が描かれています。

その中から、トラのイラストを抜粋してみました。

これらの原画は、石田武雄氏によって、油彩画や水彩画などのさまざまな技法で表現されたものです。

その筆遣いや質感は、デジタルイラストでは再現できない独特の魅力を持っています。

動物図鑑の原画は、ただ美しいだけでなく、当時の動物の姿を映し出している貴重な資料です。

是非、この機会に古き良き時代の風景を感じながら、図鑑の動物に思いを馳せてみてください。

【ギャラリーマルヒ企画展】
「昭和40年代 動物図鑑の原画展 
絵・石田武雄 アジア・オセアニア編ほか」

2024年4月27日(土)ー  5月6日(月・祝日)
12:00-18:00/会期中無休/入場無料

会場:文京区根津2-33-1
ギャラリーマルヒ

《主催・企画》
ギャラリーマルヒ

【お問い合わせ】
Mail MARUHI@konoike.org
03-5832-9911

 

 

 

【ギャラリーマルヒ企画展】「昭和40年代 動物図鑑の原画展  絵・石田武雄 アジア・オセアニア編ほか」

終了しました

【ギャラリーマルヒ企画展】

「昭和40年代 動物図鑑の原画展 
絵・石田武雄 アジア・オセアニア編ほか」

2024年4月27日(土)ー  5月6日(月・祝日)
12:00-18:00/会期中無休/入場無料

会場:文京区根津2-33-1
ギャラリーマルヒ

ギャラリーマルヒは、元質屋の古民家ギャラリーです。
室内は「和室」と「蔵」に分かれています。

「和室」では【動物図鑑 ー アジア・オセアニア ー】の原画を展示しています。

ジャイアントパンダ、トラ、カモシカ、豹、テナガザル、インドゾウ、キタリスなど
様々な生き物たちの姿が描かれています。

「蔵」では、【物語と図鑑の百科「らいおん」】の原画を展示しています。

当時、油絵具や水彩絵具で画家の手により描かれた原画は
あの頃感じたワクワク、ドキドキ感を懐かしさとともに今に伝えます。

動物画家 石田武雄。1950年頃より児童図書のイラストを描き始め1959年より動物図鑑などの挿絵の仕事に専念するが、1971年日本画に転向。石田武の雅号で1973年第2回山種美術館賞展大賞受賞。以降、個展を中心に写実的な作品を発表し続けた。2010年没。

GW期間中、開催しています。
是非、お立ち寄りください。
お待ちしております。

《主催・企画》
ギャラリーマルヒ

【お問い合わせ】
Mail MARUHI@konoike.org
03-5832-9911

【ギャラリー・マルヒ企画展】

ゴールデンウィークイベント「昭和40年代 動物図鑑の原画展 ー絵・石田武雄ー アジア・オセアニア編ほか」を開催します。

【開催日時】
2024年4月27日(土)ー5月6日(月・祝日)
12:00-18:00
会期中無休
入場無料

1968年 教育絵本「らいおん」より

今から約60年前に描かれた動物原画、30点以上を展示販売します。

現在の図鑑では写真が多用されますが、当時は油絵具や水彩絵具で画家の手によりダイナミックに描かれていました。

原画はあの頃感じたワクワク、ドキドキ感を懐かしさとともに今に伝えます。

1968年 図鑑『世界の動物』アジア・オセアニア編 より

動物画家 石田武雄。

’50年頃より児童図書のイラストを描き始め

’59年より動物図鑑などの挿絵の仕事に専念するが、

’71年日本画に転向。

石田武の画号で’73年第2回山種美術館賞展大賞受賞。

以降、個展を中心に写実的な作品を発表し続けた。2010年没。

1968年 図鑑『世界の動物』アジア・オセアニア編 より

【開催日時】
2024年4月27日(土)ー5月6日(月・祝日)
12:00-18:00
会期中無休
入場無料

会場:東京都文京区根津2-33-1
ギャラリーマルヒ

【お問い合わせ】
ギャラリー・マルヒ
Mail MARUHI@konoike.org
03-5832-9911

【主催・企画】
ギャラリー・マルヒ

岡田守弘 作品 オンラインショップにて販売開始

岡田守弘さんの初窯作品を、オンラインショップにて販売開始いたしました。


「雪魄氷姿 (せっぱくひょうし) 」

こちらの作品は昨年10月に開催された、岡田守弘 個展「熊に茶碗。 BEAR WITH TEA BOWL.」に出展した作品です。
作家自ら穴窯を作成し、制作した初窯の希少な作品となります。


「雪裏清香 (せつりせいこう) 」

可愛らしい「テディベア」の陶芸作品は、釉薬の景色や、
手びねりの特徴的な大きな足に、手仕事の温かみと陶芸への情熱が作品から伝わります。


「雪解け (ゆきどけ) 」

オンラインショップでは、過去の作品もご覧いただけます。
是非、この機会にご覧ください。

オンラインショップ
https://maruhi-nezu.stores.jp/?category_id=633d0238211ac3382109e244

【お問い合わせ】
ギャラリーマルヒ
maruhi@konoike.org
03-5832-9911(水~土/11-18時)

Spiral Xmas Market 2023/PART 3 に出展します。

Spiral Xmas Market 2023
期間:PART 3 : 12月21日(木)ー 25(月)
時間:11:00-20:00
会場:青山スパイラル1階(スパイラルガーデン)gallery MARUHI ブース 
住所:東京都港区南青山5-6-23 
アクセス: 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前
入場無料



Gallery MARUHI では、安田ジョージの新作
1.5mにもなる大作の「龍」を始め、
6人の作家の作品を展示販売いたします。

・大石卓
・岡村悠紀
・岡田守弘
・岡本直浩
・栗原莞爾
・安田ジョージ

※会場は青山スパイラル1階(スパイラルガーデン)
となりますのでお間違えない様お願い申し上げます。 


お問い合わせは
ギャラリーマルヒ
maruhi@konoike.org

【ギャラリーマルヒ企画展】陶製自在置物 岡村悠紀 個展「陶殻」

終了しました。

陶製自在置物 
岡村悠紀個展 「陶殻」
会期: 2023年 12月 2日(土)〜 10日(日)
時間:12:00〜18:00
休廊日:4日(月)
入場無料

岡村悠紀のオリジナル技法で制作された「陶製自在置物」
自在に動く関節にはビスクドール同様の球体関節を持ち、見る人を驚かせます。
日本の伝統工芸と西洋のアイデアの融合が、新時代の自在置物を創出します。

岡村悠紀 Okamura YUKI・陶芸家
1989 年 山形県生まれ
2011 年 東北芸術工科大学卒業
2012 年〜2017 年 陶芸家 高橋廣道氏に師事 2019年 第25回 日本陶芸展 入選
2019 年 茨城県陶芸美術館 いきもの狂騒曲
2020年 初個展 ギャラリー・マルヒ「蟹工」
2021年 個展 ギャラリー・マルヒ「蟹工Ⅱ」
2022年 個展 ギャラリー・マルヒ「蟹工Ⅲ」
その他、個展・グループ展多数

《企画・主催/ギャラリーマルヒ》
maruhi@konoike.org
03-5832-9911(月曜:休み)